写真部

mptfk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 24日

京橋IMPより

f0021869_044798.jpg

CANONからEOS30Dの発表がありました。
20Dから私が一番注目していたファインダー倍率とAFについては変更なしのようです。
あとはダイナミックレンジと夜間撮影の時のノイズになにか変化があるかどうか
が興味深いですね。
次世代のDIGICⅢが登載されれば画像に大きな進歩があるのでしょうね。

# by mptfk | 2006-02-24 00:18 | 夜景 夕景 | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 23日

大阪城公園より2

f0021869_1156933.jpg

f0021869_1364192.jpg

あと1月ぐらいでここも桜満開になるのでしょうね。

# by mptfk | 2006-02-23 11:59 | 夜景 夕景 | Trackback | Comments(4)
2006年 02月 22日

大阪城公園より

f0021869_1165676.jpg

写真にあまり意味はありませんが
水辺に映った光が面白いブレになっています。
タムロンSP28-75mmF2.8
f0021869_258526.jpg

大阪城天守閣につづく橋です。
タムロンSP28-75mmF2.8

# by mptfk | 2006-02-22 01:23 | 夜景 夕景 | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 21日

温室に咲く花

f0021869_22591886.jpg

梅の花もまだ早そうなので温室での撮影です。
ポートレイトからの花の撮影パターンの一番オーソドックスなものだと思います。
主題+副題+背景です。
主題と副題は斜めに配しています。
背景にはできれば光を感じさせるものを入れる。
内蔵ストロボを発光しています。もちろんディフューザー(下敷き)を使用。
背景はマイナス補正していますがプラスにしたものといろいろ撮っています。
このパターン一つでポートレイトよりはるかに簡単に作画できると思います。
EF200mmF2.8L

# by mptfk | 2006-02-21 23:23 | | Trackback | Comments(2)
2006年 02月 20日

オートメッセ 9

f0021869_1901324.jpg
f0021869_1915692.jpg
f0021869_1925853.jpg

とうとうオートメッセも9まできてしまいました。
うーん 暫く写真撮っていません。
ポートレイト写真の場合、本当は花の写真同様三脚が必要です。
開放近くの薄いピントで撮ることが多く
微妙な体の前後が懸念されることと
ピントはまつ毛(目や眉毛の時も)に合わせAFロック後にフレーミングすると
コサイン収差が発生するのでMFで撮りたいのです。
とは言ってもじっくり花を撮るならともかく
会場に三脚を持ち込むには少々勇気がいりますし
私も実際持って行ったことはありません。
それに100%AFです。
(アップの写真はわりとピント合いますがひきの写真はカメラの問題でしょうか
ピント合うほうが珍しいですよね)
そこでカメラの設定はどうしているか。
JPEG、AWB、
コントラスト、彩度→少し弱め
シャープネス→少し高め
これはCANONのピクチャースタイルと全く逆かな。
ピクチャースタイルはなんでコントラスト高めなのか理解できませんが。
手持ちでフラッシュ撮影のため
SS優先になります。
レンズの画角と明るさで変えますが
SSは1/60~1/250
の狭いゾーンになる為です。
後はISO100~400の間で
ISO優先でF値を変える。(将来カメラでもっと使い易くなるはずでしょう)
ただしF2.8ズームだとほとんどF2.8かアンダーになってしまうので使えない。
手振れ防止のIS F2.8ズームをもっていれば
F2.8~F3.5固定でもいいかもしれないが。
それから今回から550EXから580EXを新たの導入しましたが
チャージの早さ電池のもち等全くの別物のように思えました。
もう550EXは使えないかも。
あとストロボ使うにはディフューザーは必須です。
オムニバンウンスを使用している人多く見かけますが
発光源の面積が変らないので
光が弱くなるだけでやわらかくはならないと思います。
縦位置の撮影が多いので縦グリップと
隣の人にストロボ光が蹴られるので
ブラケットがあれば便利です。

そうそうカメラやレンズのことはあまりわからないので
結構雑誌記事なんかを鵜呑みにしてしまいますが
来月号のデジタルカメラマガジンは興味深い記事が
ありましたよ。
FE50mmF1.4よりEF24-70mmF2.8Lのほうがf2.8以上でシャープ
50mm以上ではEF24-70F2.8LよりEF24-105F4Lのほうが
シャープに写る。
とかとか
あのCAPAのレンズの本にもこのデータを加えてほしいですね。
ただしレンズの個体差やカメラとの相性等ありますもんね。

# by mptfk | 2006-02-20 20:22 | ポートレイト | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 19日

オートメッセ 8

f0021869_0101213.jpg
f0021869_0104545.jpg
f0021869_013099.jpg

長々と書いてきたが簡単に言うと背景処理が難しい会場で
どうしたらよいか。
まず撮影に入る前に周りを見てポジション、アングルをなるべく決めたい。
(カメコが多くこれができないことも多々あるが)
ここでひとつのテクニックであるが
私の場合必ずスポットライトの位置をチェックする。
ストロボ1灯のライティングより多灯ライティングに持ち込みたいということと
副題として生きてくることも多いからだ。
ステージに多いがスポットが顔に直接当たっている場合100%失敗するから注意。
また建物の窓なんかも利用価値あり。
んー最後は大口径の開放アップでごまかしちゃえ。
ようするに背景になにか意図した工夫を感じられる写真にすれば
ポートレイトになるし、人物意外工夫が感じ取れないニコパチ写真だとグラビア写真に
なっちゃうのだと思う。
明日は撮影時のカメラ設定について。

# by mptfk | 2006-02-19 00:58 | ポートレイト | Trackback(1) | Comments(4)
2006年 02月 18日

オートメッセ 7

f0021869_0105936.jpg
f0021869_0113447.jpg
f0021869_0125554.jpg
f0021869_0152071.jpg

綺麗なおねーちゃんや綺麗なお花を探すことは当然。
(ここで難しいのは綺麗なおねーちゃん=絵になるとは完全には一致しないので個人の趣味で)
次にやらなければいけないことは副題探しと背景選びである。
花の場合主題に匹敵する色とシルエットの花を後方に見つけるだろうし
背景はハイキーにするか暗く落すか色で持ってくるのか光を入れるのか。
小さい花の場合は広い画角、大きい花や密集した花の場合は
狭い画角の選択になることが多い。
(私の好きなパターンは300mm+中間リング)
ここで主題と背景の露出のバランスを撮るためにストロボを使う。
暗いからだけではない。
露出補正と調光補正であるがやはりデジタルならではで
撮ったすぐに確認できるメリットは大きい。
例えばバックに夕焼けの空の場合、空が明るいうちは
3段以上の露出補正なんかもざらにある。
20Dでは+-2EVまでなので当然マニュアルでしか撮ることはできない。
というか最近のカメラは優秀なのか補正しすぎで面食らうことが多い。
さて本題に戻ってコンパニオンのおねーちゃんの場合は
っとお時間がよろしいようで
んーしかし国語は大の苦手である。
明日に続く。

# by mptfk | 2006-02-18 01:27 | ポートレイト | Trackback(1) | Comments(4)